介護職員が転職で後悔しないための5つのポイント!後悔の理由も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

介護職に転職したけれど、思っていたのと違うかも。

転職する前に注意することを知りたいよね。

介護職員の転職はめずらしいことではありません。

しかし、転職したことに公開しているという声も耳にします。

介護職員の転職で後悔する理由にはどんなものがあるでしょうか?

また、転職を成功させるポイントも気になりますよね。

この記事では、介護職員が転職で後悔する理由と、転職を成功させる5つのポイントについて紹介していきます。

この記事で分かること!
  • 転職で後悔する理由
  • 転職を成功させるポイント
  • 職場選びのコツ
  スポンサーリンク
目次

介護職への転職で後悔する3つの理由

介護職への転職を決意しても、思い描いていたイメージと現実のギャップに直面し、転職を後悔してしまうケースは少なくありません。

転職前の情報収集不足や、自身の適性見極めが甘かったことが原因となり、新しい環境になじめずに悩む方も多いです。

ここからは、介護職員が転職後に感じる後悔の理由を3つ紹介します。

転職を検討中の方は、ぜひ参考にして、後悔のない転職を目指してくださいね。

肉体的・精神的負担の大きさを甘く見積もっていた

介護の仕事は肉体的にも精神的にもかなりの負担がかかります。

入居者の身体介助見守り記録作成など、やるべきことは山積みです。

特に心掛けるべきポイントは以下の通り。

  • 利用者の状態把握と適切なケア
  • 事故防止と緊急時対応
  • 業務の効率化と時間管理
  • メンタルヘルスケア

介護未経験から転職すると、思った以上に大変だと感じることが多いようです。

介護の仕事は単なる作業ではなく、一人ひとりに寄り添った支援が求められます。

利用者の尊厳を守りながら適切なケアを提供するには、知識や経験、コミュニケーション力が必要不可欠です。

加えて利用者の急変など、緊急事態への対応力も求められるので、慣れないうちは強い緊張感を強いられるでしょう。

記録や申し送りなど事務作業の多さにも驚かされます。

心身共に疲弊しやすい介護の仕事。

無理せず継続できるペースを掴むまでは、なかなか苦しい日々が続くと覚悟したほうが良さそうです。

少しでも自身の適性に不安がある方は、実際の職場見学やボランティアなどで体験してみると良いですよ。

肌で感じた実感が、転職の決め手になるはずです。

上手くシフトを調整して、プライベートの時間もしっかり確保しよう。

給与や待遇面での期待とのギャップ

介護職の給与は他職種と比べて低い傾向にあります。

人手不足を背景に賃金アップの動きはあるものの、生活するには厳しいのが実情と言えるでしょう。

転職前に確認したい情報は以下の通りです。

  • 平均的な月収・年収
  • 賞与や昇給の有無
  • 残業代の扱い
  • 福利厚生の内容

「きついわりに安い」といった不満の声もよく聞かれます。

介護報酬に基づいた料金設定のため、抜本的な賃金改善は容易ではなく、頑張りが正当に評価されにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。

「思ったより給料が安くてショックだった」「有給休暇が取りづらい」など、待遇面での期待とのギャップを理由に転職を後悔するケースは少なくありません。

入職前に給与や休暇取得のルールをよく確認し、納得感を持って転職できるかが肝心です。

オープンで風通しの良い職場環境かどうかも重要なポイントになります。

条件面は妥協しすぎず、自分に合った職場選びを心がけましょう。

待遇改善に意欲的な事業所なら、将来的なステップアップも望めるはずです。

自分のライフスタイルに合う職場選びを心がけることが大切だよ。

人間関係の難しさや職場の雰囲気への不適応

介護職は利用者だけでなく、多職種と連携して働く必要があります。

上手くコミュニケーションが取れず、人間関係の構築に苦労することも珍しくありません。

人間関係の悩みの原因として多いのは以下の点です。

  • 職場の雰囲気が合わない
  • スタッフ間の連携不足
  • 指導係との人間関係
  • 世代間ギャップ

「人間関係が合わず孤立してしまった」「理不尽な先輩に悩まされた」など、人間関係のストレスから転職を後悔する人は多いようです。

チームワークを乱すスタッフがいると、ケアの質の低下にもつながりかねません。

指導係との相性も重要で、それが深刻な悩みの種になることも。

「うちはこうだから」と古い体質に縛られた現場も存在し、パワハラやモラハラなどの弊害を招いているケースも見受けられます。

世代間の考え方の違いから軋轢が生じることもあり、「若手の意見を認めてくれない」「ベテランについていけない」といった不満を抱えるスタッフも少なくありません。

閉鎖的な職場では改善を諦めてしまいがちですが、風通しの良い環境なら建設的に話し合える可能性が高いです。

事前の職場見学や面接での雰囲気チェックで、相談しやすい上司がいるか、改善提案が受け入れられやすい素地があるかを見極めておくと安心です。

オープンで成長を促す組織文化は、自身のスキルアップにもつながります。

職場見学で雰囲気を事前にチェックし、しっくりくる職場を選ぼう!

介護職への転職を成功させる5つのポイント

介護職への転職を後悔しないためには、事前の入念な準備と職場選びが大切です。

自分に合った環境で働けるよう、情報収集を怠らず、納得感を持って転職に挑みましょう。

ここからは、介護職の転職を成功させるための5つのポイントを解説します。

しっかりチェックして、理想の職場を見つけてくださいね。

事前の職場見学や面接での職場の雰囲気チェック

職場見学や面接は、職場の雰囲気を肌で感じられる貴重な機会です。

スタッフの表情の明るさや、コミュニケーションの様子をよく観察しましょう。

見学時には以下の点に着目すると良いでしょう。

  • 職場の第一印象
  • スタッフの言動
  • 利用者との関わり方
  • 職場の人間関係

「あまり良い印象を受けなかった」「スタッフの疲弊が感じられた」など、違和感を覚えた場合は注意が必要です。

介護の仕事は感情労働的な側面もあるため、スタッフの心身の健康状態は利用者へのケアにも直結します。

笑顔が多く、いきいきと働く職員が多い職場が理想的と言えるでしょう。

利用者とのコミュニケーションを大切にし、寄り添う姿勢が感じられる事業所なら、働きがいも得やすいはず。

困った時に相談しやすい雰囲気かどうかもしっかりチェックしておきたいポイントです。

面接では質問する側の姿勢も大切。

「うちはこうだから」と言われたら危険信号かもしれません。

「あなたはどう思うか」と聞き返してくれる職場なら、風通しの良さが期待できそうです。

パワハラなどの弊害が指摘される現場もまだ存在するため、職場の実態をしっかり見抜く目を養っておきたいですね。

研修制度の話を聞いて教育方針をチェックするのもおススメです。

オープンで風通しの良い職場選びが転職成功のポイント!

自分の適性や強みを活かせる職場選び

「利用者とのコミュニケーションが得意」「体力に自信がある」など、自分の強みを活かせる環境で働くのが理想です。

介護の仕事は身体介助など力仕事も多いので、自分の体力とも相談しながら職場選びをすると良いでしょう。

自分に合った職場を見極めるには以下の観点が参考になります。

  • 利用者の特性や必要とされるケア
  • 体力面での適性
  • コミュニケーション力の発揮しやすさ
  • 介護への情熱や向上心

「思ったより重度の利用者が多かった」「記録業務が想像以上に大変」など、期待とのギャップに悩まされるケースは少なくありません。

夜勤など労働環境の厳しい現場だと、体力的にきついと感じやすいです。

重度の利用者の多い事業所では、高度な介護スキルも求められるので、経験の浅い方には荷が重いかもしれません。

逆にコミュニケーション力に自信があれば、利用者との関わりにやりがいを感じやすいです。

向上心を持って日々精進できる環境なら、確実にスキルアップできるでしょう。

自分の目指すキャリアを実現できる環境かを見極めるのも大切です。

介護福祉士などの資格取得を目指すなら、バックアップ体制のある職場がおすすめです。

適材適所の職場選びができれば、ストレスなく働ける可能性が高くなります。

利用者の特性や必要とされるケアの傾向もしっかり確認し、自分に合った環境を見つけたいですね♪

自分の強みを発揮しやすい環境を選ぶことが適性発揮の秘訣だよ。

給与や待遇面での納得感

介護報酬による料金設定の制約はあるものの、事業所によって給与水準には違いがあります。

賃金アップに積極的な経営者のもとでは、頑張りがきちんと評価される傾向が強いようです。

待遇面では以下の情報を確認しておくと安心です。

  • 昇給・賞与の有無
  • 残業代の扱い
  • 休暇制度の充実度
  • 福利厚生の内容

「給料が安くて生活が苦しい」「頑張りを評価してもらえない」など、処遇への不満から離職する人は後を絶ちません。

人手不足が深刻化する介護業界では、処遇改善への取り組みも活発化しています。

キャリアアップの仕組みを導入する事業所も増えてきました。

研修の受講歴や資格取得を評価し、給与に反映させる動きは今後ますます拡大すると見られます。

やる気と向上心が正当に報われる環境なら、仕事への意欲も湧きますよね。

有給休暇の取得率の高さも、働きやすさの目安になります。

「ノー残業デー」を設けるなど、メリハリのある職場環境づくりにも期待したいところです。

最近は「介護離職ゼロ」に向けて、働き方改革に力を入れる事業所も増加中です。

産休、育休、介護休業の取得促進などワーク・ライフ・バランスに配慮する流れが加速しています。

経営理念に共感でき、やりがいを持って働ける環境選びが大切です。

事業所の運営方針をよく見極め、自分に合った働き方ができる職場を選べると良いですね♪

自分のライフスタイルにマッチした職場選びが大切だね!

職場のサポート体制や教育研修制度の充実度

介護技術の習得には、座学だけでなく、実地での学びも重要です。

先輩職員からの手厚い指導が期待できる環境なら、着実にスキルアップできるはず。

教育研修体制の充実度は以下の点から判断できます。

  • 新人教育の内容と期間
  • OJTの実施方法
  • 外部研修の受講機会
  • 資格取得支援制度の有無

「マニュアルを渡されただけで終わり」「新人教育が全くない」など、教育の不十分さに不安を感じる声は少なくありません。

配属後の教育が手薄だと、いきなり現場に放り込まれた感覚に陥り、仕事への不安から早期離職のリスクも高まります。

介護技術は机上の学習だけでは身につきにくいものです。

先輩職員の視点から丁寧にアドバイスしてもらえる職場なら、確実に成長できるでしょう。

最近は、研修専任の教育担当者を置く事業所も増えてきました。

手厚い新人教育の体制が整っている職場なら、未経験からのチャレンジもしやすいです。

自治体や職能団体が実施する研修に積極的に職員を派遣する事業所も、教育熱心と言えるでしょう。

受講費用の補助など、バックアップ体制の手厚さにも注目です。

キャリアアップを支援する制度を整えている職場なら、腰を据えて働きやすいですよね。

介護福祉士などの資格取得を後押ししてくれる環境は、長く働く上でも心強い味方になります。

教育体制が充実した職場選びが、長くイキイキ働くコツだよ!

ワークライフバランスへの配慮

心身の健康を維持し、イキイキと働き続けるには、メリハリのある職場環境が不可欠です。

オン・オフのけじめをつけやすい職場なら、仕事へのモチベーションも高まります。

ワークライフバランスに関しては、以下の点をチェックしておくと良いでしょう。

  • 労働時間の適切な管理
  • 有給休暇の取得しやすさ
  • 育児・介護休業制度の整備状況
  • ストレスケアの取り組み

「ずっと残業続きで消耗した」「有休を取りづらい雰囲気だった」など、働き方への不満から離職に至るケースは少なくありません。

シフトが固定化されていると、プライベートな時間の確保が難しくなりがちです。

融通の利かない職場だと、家庭生活にも支障をきたしかねません。

一方、「ノー残業デー」の設定など、ワークライフバランスに配慮する事業所も増えつつあります。

休暇取得を後押しする職場なら、嬉しいですね。

ストレスチェックの実施など、職員の心身の健康管理に注力する動きも活発化しています。

相談窓口の設置やカウンセリングの機会を用意するなど、サポート体制の充実度もチェックしておきたいポイントです。

働き方改革関連法の施行で、今後は残業時間の上限規制にも対応が迫られます。

勤怠管理の厳格化など、労務管理体制の整備状況もしっかり確認し、働きやすさを見極めることが大切です。

ライフステージの変化に応じて、柔軟に働き方を調整できる職場環境づくりにも期待が高まります。

長く腰を据えて働けるかどうか、経営サイドの意欲をしっかりチェックしておきましょう。

自分に合ったペースで無理なく働き続けられる環境が理想だね。

転職に失敗しない!介護職の職場選び3つのコツ

介護職への転職を成功させるには、自分に合った職場選びが何より重要です。

働く上での優先順位を明確にし、それに沿った事業所選びを心掛けましょう。

ここからは、転職に失敗しないための介護職の職場選び3つのコツをお伝えします。

しっかりチェックして、自分に最適な職場を見つけてくださいね。

自分の価値観とのマッチング

「社会貢献がしたい」「手に職をつけたい」など、介護の仕事に就く理由は人それぞれですよね。

自分の価値観に合った職場なら、高いモチベーションを保ちながら働けるはずです。

価値観のマッチングを見極めるためのポイントは以下の通りです。

  • 事業所の経営理念や目指す方向性
  • 仕事を通して実現したいこと
  • 介護観・利用者との向き合い方
  • 自身の成長を実感できるか

「従業員満足度の向上」や「地域社会への貢献」など、事業所の経営ビジョンに共感できるかがカギになります。

日々の仕事を通して、自分の目指す理想の介護が実現できるかを見極めましょう。

利用者主体のケアを大切にする職場なら、やりがいにもつながります。

人として成長できる環境かどうかも重要な視点ですよね。

日々、様々な利用者と関わりながら、自身の人間力を磨ける職場がおススメです。

介護に対する熱い思いを持つ職員が集まる事業所なら、良い刺激を受けながら成長できる可能性が高まります。

志の高い仲間と切磋琢磨できる環境は、自己研鑽の面でもプラスに働くでしょう。

「この職場で働く意義」を感じられるかどうかを基準に、自分に合った職場を選ぶことが肝心です。

自身の価値観に合った職場選びができれば、長く働く原動力にもなります。

「この仕事を選んで本当に良かった」と思えるような環境を見つけられると良いですね。

自分の大切にしたい価値観とマッチする職場選びを心掛けよう!

将来のキャリアビジョンとの整合性

「いずれはリーダーになりたい」「施設長を目指したい」など、将来のキャリアビジョンを描いている方も多いですよね。

そうしたビジョンの実現につながる職場選びができれば、長期的な視点で働きやすさも期待できます。

キャリアビジョンを叶える上で重視したい点は以下の通りです。

  • 配属先の希望が通りやすいか
  • 目指す仕事内容とのマッチング度
  • スキルアップのための教育研修制度
  • 昇進・昇格の仕組み

「いずれは在宅介護に携わりたい」と考えている方なら、訪問介護事業も展開する事業所がおススメです。

異動希望が出しやすいかを確認しておくと、将来を見据えた働き方がしやすくなります。

「認知症ケアのスペシャリストを目指したい」「ターミナルケアに関心がある」など、専門性を高めたい分野がある方は、経験を積みやすい事業所を選ぶのが得策です。

研修の受講機会が豊富な職場なら、専門スキルの習得もできます。

介護福祉士などの資格取得を目指す方は、受験対策講座の開催など、バックアップ体制の充実度もチェックしたいところですね。

各種研修の受講履歴やキャリアアップを評価する仕組みがあると、やる気もアップします。

いずれは管理者への道を歩みたい方なら、昇進・昇格の仕組みを整えている事業所を選ぶのがおススメです。

実力次第でステップアップできる環境なら、キャリア形成を計画的に進めやすいでしょう。

働きながら介護福祉士を目指せる実務者研修の受講料補助制度など、資格取得を支援する職場なら、腰を据えて働く意欲も湧いてきます。

介護支援専門員への挑戦を後押ししてくれる事業所なら、更なる飛躍を目指すことが可能です。

将来を見据えて自分の理想のキャリアを描き、それを叶えやすい職場を選ぼう。

職場の人間関係や働きやすさの見極め

「あの人と一緒に働きたい」と感じる仲間と出会えるかどうかは、職場選びの大きなポイントです。

人間関係の良好な職場なら、ストレスなく働くことができます。

働きやすい人間関係かどうかは、以下の観点から見極めましょう。

  • 職場見学時の雰囲気
  • スタッフ同士のコミュニケーションの様子
  • 相談や提案がしやすい風通しの良さ
  • 休憩時間の過ごし方

職場見学に訪れた際、スタッフ同士が明るく会話している様子が見られたら好印象ですね。

「ここで働きたい」と直感的に感じられる雰囲気は、人間関係の良さを物語っています。

気兼ねなく相談できる先輩の存在は、悩みの解消にも役立ちます。

アイデアを積極的に取り入れてくれる職場なら、のびのびと働ける環境が期待できます。

休憩時間の賑やかな雰囲気も、人間関係の良好さを感じさせるポイント。

スタッフ同士で和気あいあいと過ごせる雰囲気は、職場の連帯感の強さを示していると言えるでしょう。

介護の仕事は、チームワークが何より大切です。

気心の知れた仲間と一緒に働けると、支え合いながら乗り越えていくことができます。

人間関係が良好な職場は、離職率も低くなる傾向があるものです。

「ここで頑張ろう」と思える人間関係は、転職の成功につながります。

自分が働きたいと思える環境かどうかは、実際に足を運んでみないと分かりません。

職場見学の際は、人間関係の雰囲気をしっかりチェックし、働きやすい職場を見極めたいですね。

一緒に働きたいと思える仲間との出会いは、転職を左右する大きな要素になります。

まとめ

この記事では、介護職員が転職で後悔する理由と、転職を成功させる5つのポイントについて紹介してきました。

この記事のポイント!
  • 転職で後悔する理由
  • 転職を成功させるポイント
  • 職場選びのコツ

介護職への転職を成功させるには、自分に合った職場選びが何より重要です。

事前の入念なリサーチを怠らず、理想の職場を見つけられるよう、最後まで諦めずに探し続けましょう。

素敵な職場に出合えたらいいね♪

「ここなら長く働ける」と直感的に感じられる職場との出会いを信じて、理想の環境を見つけられると良いですね。

一緒に夢の実現を目指せる、最高の職場が見つかりますように!

スポンサーリンク

☆ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 介護ブログ 介護と育児へ
にほんブログ村

☆ポチっとお願いします☆

人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次